読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Null Wota Exception

ヌルヲタアラサーがなんか適当に吐き出すところ

続かない

 必要性の無さ。何か作れたら良いなと思っても一向に実現しないのは、これがひとつの原因なんじゃないかと。必要性があるということはすなわち目的があるわけで、逆に目的がないから必要性も感じない。では目的とは何か。過去を振り返ってみて、自分が勝手に何かやっていた時に持っていた目的というのは、いったい何だったのか。

 そう考えていくうちに、手段を目的化していたんじゃないかという気がしてきている。手段が目的になると、一度やるとしばらく満足してしまってやらなくなる。まず電子工作をやりたいという欲求があって、ヘッドホンアンプを作る。PHPをやりたいという欲求があって、漫画管理ソフトを作る、などなど。

 それで今も、そういう手段をやりたいという欲求ばかりがある。そりゃアンプ作りたいとか考えてはいるけども、それは多分後付けの理由である気がしている。でもその手段というのが、もう既に経験してしまっていることで、本当は別にやりたくはないんじゃないかと。

 この目的の置き方の癖は、どうにかすべきものなのか、そしてどうにか出来るものなのだろうか。趣味に限れば、そういう思考でも良いのかもしれない。だけどその欲求を実現出来ないというのは、何が枷になっているんだろう。理想の高さ?資金?時間?

 また、その欲求、目的というのも、その根源を遡ると、それが別の目的の手段であるケースは多い。もしかしたら、電子工作やってる俺スゲーみたいなそういうアピールの為にということも、ミーハーなので十分考えられる。

 確かに、ここまでして趣味に生産性を求めているというのは、何か変な思考があるような気がしてくる。