読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Null Wota Exception

ヌルヲタアラサーがなんか適当に吐き出すところ

なんか

 ~したい~したいばっかり言っててそれをするための行動を取っていない気がする。条件が揃うと出来るようになるのではなく、やり始めてだんだん好条件になっていって出来るようになるんだと思うんだけど。

 最近は、エンジンと修論のことをメインに考えている。あとWoT。最近T32買えたけど改良砲塔じゃないし乗員も育ってないのでまだ微妙。T29の運用方法は結構分かってきているから行けるだろう。早くMausに撃ちたい。まだ1回しか見たこと無い。

 修論は難しい。何が難しいかというと、どうまとめるかということで、それを決めるには修論の読者を考えないといけない。自分の大学の場合、修論は基本的に後輩が参考書として読むことが多いと感じる。なので、後輩に向けて書くような感じでやればいいのかなと思わなくもない。

 しかしそれにしたって、文章を書くのは大変だ。そもそも文章に対する苦手意識があってかなり苦しい。やっぱり、そこそこ頑張って書いた文章が真っ赤になって返ってくるのは堪える。自分でもなんかダメだというのは感じる。こういう時に、もう何してもダメだ……ってなるのもいいけど、ここは冷静に効率を考えて使えるフレーズはどんどん使って楽に文章を組み立てて行こうと思う。

 そもそも文章ってなんだ。特に論理的なもの。今思ったのだけど、細かく事実を列挙していって、それらをスムーズに接続する言葉を付け加えて、というように、構造的に文章を書いていけばいいのかな。その辺は新書あったからもっかい読んでみよう。

 新書といえば、新書じゃないけど最近またラッセルの幸福論を手に取る機会が増えた。隣の芝を青く感じることが多すぎて。自分の中にはない行動規範を持っていてそのために成長できている人を見ていると、自分にはそういうのが無いから辛く感じる。自分ももし好きなタイミングで何かに没頭できる人間だったら今より色々出来てたのかなと思う。

 で結局本を読んで何か変わったかというと今のところ微妙。あ、でも最初読んだ時の印象は今でも残ってる。とりあえず仕事を通して生きる意味を感じようという方針で行こうと感じた。