読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Null Wota Exception

ヌルヲタアラサーがなんか適当に吐き出すところ

娯楽なのかこれは

 趣味なんて無かったんや!俺がやっているのは趣味でも何でもなく娯楽だったんや!……とか考えて何事もいまいち上級者レベルになれない言い訳を考えてた。何となく自分の中で、趣味は何か上達出来ること、娯楽はその場限りのことという区分をしている。目標の有無というのも違いかな。自分が好きなほんの少しのことを振り返ってみる。


 写真はうまく撮れるようになりたい。オリジナリティかつクオリティのある物を生み出して満足したい。四つ切りとかにして額縁に入れたい。だけど、一般的に本とかに書かれてる構図のコツとかそういうのは、撮影中は考えられていない。それに、美しい写真、美しい構図のイメージが自分の中で確立していない。そのためには色々な写真を見る必要があるのかな……。

 また娯楽としても、景色を写真に収めるのは結構楽しい。そういう意味では娯楽的な要素もある。家でRAW現像とかするのも写真が色々変化して楽しい。


 アニメ漫画同人誌は……可愛いものを見たい、読みたい。それで……どうするんだろう。レビューして広めたいという欲求は無いし、編集者や漫画家になりたいという気持ちもない……強いて言えば同人誌は描けたらなーとか考えてるけど、創作・アニメ島で売れる本を描ける技量を身につけるのはちょっと大変すぎる……。

 ただ娯楽としては優秀(?) 読んでふにゃ~ってしれいれば満足できる。またちょっとずれた話だけど、ブックオフとかの100円コーナーで掘り出し物を探すのは好きだ。あと新品の漫画を買うのもエクスタシーすら感じる。


 自転車はもっと遠くに行けるようになりたい。坂ももっと登れるようになりたい。パーツをあれこれ変えたいという気はないけど、ギア比とかタイヤとか変えたいかも。パーツほしさからではなく、主に自分に合わない・パーツの寿命がきたからという理由だけど。

 娯楽として自転車で言えることは、体を動かすのは楽しい! そういう意味ではどこを目的地に設定しても良いけど、やはりいつも行っていて楽しいところ、行ったことが無いところにいきたい。もうその辺でいいから走ってくる!! みたいな衝動は無い。


 コーヒーとかお酒とか。今まである程度、ほんのさわり程度こだわってきた。コーヒーをいれる時は豆から引いているし、そのためにコーヒーミルを買った。ペーパーでいれることもあればマキネッタで抽出することもある。ただ、コーヒーの銘柄についてはそこまで意識していない。近所で豆で売ってるところの普通のブレンドとか、家族が買ってきたり貰ったりしたものとか。コロンビアとかブルーマウンテンとか、何がどんな感じかよく分からない。

 ウイスキーについても友人にスコッチバーに連れて行ってもらったり自分で買ったりして美味しいのを少し飲んできた。日本酒も結構飲んでる。だけどどちらも体系的な知識には乏しく、スペイサイドとかアイラとかハイランドとかで傾向が違うらしいとか、純米と吟醸のくくりとか、その程度しか知らない。

 ただどれも、飲むのは好きだ。そういう点で、娯楽止まりなのかもしれない。

 では逆にそれを趣味化するには、どんな目標設定があるだろう。……利きコーヒー?利き酒?ソムリエ?というかただ、美味しい酒に巡りあいたい、それだけかもしれない。そういう意味では趣味とは言えない。


 工作はどうだろう。電子工作も時々何か作りたくなって作るけど、いつもやっている訳じゃない。まぁそれはいい。目標はその時々で生じるから、趣味としては健全なのかもしれない。その目標が生まれ続ける限りは。あとはハンダ付けして物を作るのはやっぱり娯楽として楽しい。手を動かすのは良い。

 もうちょっと大きなスケールのものは、サークルでしかやったことなかったし、趣味と呼んでいいのか分からない。だけど、作りたいものはある。それを妨げるもの、その新規性、実現性、意味があるのか、やってどうするのか……そういうことを除けば、多分自分の中に作りたいという衝動はある。作って確かめたい。

 だけど作るのには相応の労力を必要とする。その労力を厭わないだけのガッツがあるかどうかというと……。何とか工夫して実現させたい。


 何の話だったっけ……。色々な分野で、中級、上級者になりたい。だけど中級上級と分けるその指標は何だ。その指標が無い時はそもそもどうなりたいと考えるのは無理じゃないか? だったらそれは娯楽と割り切って、ただ楽しめばいい。

 もし中級者・上級者になる方法があって、本当になりたいなら、それに従って頑張ってればいいんじゃないかな。ただ、何もかもというのはちょっときつい。よく、趣味は絞ったほうがいいと聞くけど、やっぱり沢山目標があるときついからかな。

 それにこれまで生きてきて、自分がそれほどスーパースペックでないということもある程度分かってきた。一つ趣味で色々出来れば、それで十分なのかなと思う。だから他の趣味は娯楽として、単純に楽しんでいけたらいいかな。ただ、それが実はまた別の目標に近づくステップだったらいいな。