読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Null Wota Exception

ヌルヲタアラサーがなんか適当に吐き出すところ

発言

 いつもTwitterで思いついたことを適当にホイホイつぶやいているけど、それとはまた別に、あるいはより強い衝動で、ふと思ったことについて、自分のIDと共に書き残しておきたいと思う時がある。ちょっとTwitterでは書きづらい内容の時は特に。

 自分が言ったなんてのは自分がわかっていれば良くて、だったら匿名で2chとか匿名ダイアリーにでも書いておけばいいとかもしれないけど、そうじゃない。匿名じゃなくていいなら新しく適当なアカウント作ってそこで書き込めば良いじゃんとも思ったが、それもなんか違う。

 なぜ、自分のIDと紐付けてまで書きたいと思うのか。

 IDっていうのはそれぞれ歴史があって、例えばこのschoollifeはTwitterのIDとはまた別の道を歩んでいる。最初にTwitterのIDでメールアドレスを作って、数年後ブログを始める時にschoollifeは生まれた。それからはこういった自意識を垂れ流す系のブログにおいて使っている。あとは適当なアカウントを取るときにも使っているけど。Twitterのほうは適用範囲が広くて、もう何でもアリ。まぁそれはいい。

 それで、IDには固有のキャラクターがあると思っている。事実、こことTwitterではIDも違えば多分キャラクターもちょっと違うと思っている。だから当然内容の書きやすさも変わる。

 逆に何故、適当なIDで発言するのが嫌なのかと考えると、それは虚しさを感じるからだ。歴史のない所にキャラクターを作るよりは、今は今持っているキャラクターを補強したい。そんな感じ。そう考えると、自分の思いつきは経験値みたいなもので、それをどこにどう割り振るか、と、そういう概念があるのかもしれない。

 と考えてはみたけど、単純に、自分を知っている誰かに何か伝えたいって気持ちもあるんだと思う。まぁそんな感じ。では。