読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Null Wota Exception

ヌルヲタアラサーがなんか適当に吐き出すところ

難しい

 何かできる人間になりたいのであって、何かしたい訳じゃないのかもしれない。でも電子工作とか加工とか研究も面白いとは思うし、そういう訳でもないかもしれない……。

 やれたら良いな程度の気持ちしか無くて、それに面白そうという期待がついたとしても、やり始めるにはちょっと足りない。

 

 関係ないけど、女の子とお酒飲んできたんです。サシで。人生始めての経験です。別に色恋沙汰に発展する可能性は残念ながら無かったんだけれども、夕日に染まる公園を二人で歩いたり、飲んだり、夜の公園をまた二人で歩いて駅まで送るっていう、なんともまぁカップルと同様の行為を行えたわけです。正直嬉しかった。

 だけどもそのあとの反動が今大変な問題となっている。カップルっていうのはこういうことも飽きもせず何度も何度も繰り返すどうしようもない生物だと思っているが、じゃあ俺にそれが出来るかというと、今回の経験からいっておそらく非常に困難である。

 今まで妄想する時には、どちらかというと俺が彼女をリード気味で、漠然と色々話して、漠然とキャイキャイして、漠然と手繋いだりして――そういう光景を思い浮かべていたのだけど、本当にそれ出来るのか、と。

 しかも今回一緒に飲んだ女の子は2次元の話が通じるというかむしろ好きな子だったので、大体そういう話をしていたのだけれど、これがもし普通の上品な趣味を持った子だったりしたら、会話が成り立つのだろうか? 特に私の妄想におかれましては大変頻繁にご登場いただいている上品でロリババァ的なお嬢様と、会話出来るのだろうか?

 いや出来まい。しかも話題という問題だけではない。むしろ違う分野の話題があったほうが世界が広がって宜しいとすら思う。そう信じたい。

 しかし、俺が自分の趣味の話を相手にして、それで相手は楽しんでくれるのだろうか? いやロケットの過膨張噴流と不足膨張噴流では似たように衝撃波が見られたりして非常に興味深くその幾何学的な模様と火炎の自発光には心惹かれるものがあります、なんて言っても、はぁ、みたいな感じだろう。

 それは極端な例としても、所謂コンテンツ、アニメとか漫画とか音楽とか、あるいは嗜好品、コーヒーとかウイスキーとか日本酒とか。これがなかなか語れない。概念的な知識は多少あると思う。だけども何がお好きですかとか今やってるのだとどれがオススメか、とか、そういうような質問にはめっきり答えられない。だから相手からしてみたら多分非常につまらないのですね。相手の知識が広がる訳でもないし。

 というわけで「理系&できればオタク&*1&出来れば上品でロリババァ的なお嬢様」というクエリに引っかかる子が居たら結婚を前提にお付き合いしてください。